HOME>柴又周辺の観光スポット>柴又周辺の観光スポット

寅さんに会えるかも。昔懐かしい柴又を歩く

葛飾区で最もよく知られた町であり、東京を代表する観光地のひとつでもあるのが柴又です。柴又といえば寅さん、フーテンの寅こと車寅次郎が活躍する映画『男はつらいよ』で有名です。1995年に公開された実質的なシリーズ最終作から20年以上を経た現在も、多くの人がこの町を訪れています。柴又には、寅さんゆかりの観光スポットが数多くあります。劇中にも登場する柴又駅前には寅次郎の銅像が建てられ、旅立ちの姿が再現されています。駅から帝釈天こと経栄山 題経寺へと続く門前町は現在も作品の名シーンそのままの佇まいを残し、懐かしい昭和の時代を偲ばせます。もし草団子や煎餅を売る店先からひょっこりと寅さんが現われても、まったく違和感のない下町の風景がそこには広がっています。また『男はつらいよ』の世界観により浸りたい人は、映画のセットや資料を展示している葛飾柴又寅さん記念館に立ち寄ってみるのもおすすめです。さて柴又やその周辺には、寅さん関連以外にも訪れてみたいスポットがあります。葛飾区の登録有形文化財にも指定されている山本亭は、大正末期に建てられた和洋折衷の貴重な建築です。また天気の良い日には、矢切の渡しを利用してみるのも良いでしょう。江戸時代から続く手漕ぎの船で江戸川を渡してもらえば、日常を忘れてのんびりとした気分を味わうことができます。そして変わったところでは、柴又の隣の高砂地区にある怪無池と青龍神社もおすすめです。昔から白蛇が住み水を司ると伝わるこの場所は、葛飾区の知る人ぞ知るパワースポットとして人気を集めています。

もっと見る