3つの鉄道会社の路線が走っています

東京23区の東部に位置する葛飾区には、JR東日本・京成電鉄・北総電鉄の3路線が走っています。この中でも特に京成電鉄の駅が多いです。また東京23区内では珍しく地下鉄が通っていない地域で、さらに地下駅と鉄道の地下走行区間も存在しません。JR東日本の路線として常磐線の各駅停車と総武本線があります。区内の停車駅は常磐線が亀有駅と金町駅、総武本線では新小岩駅です。新小岩駅には総武本線の各駅停車と快速線のいずれも停車します。京成電鉄では京成本線・押上線・金町線が走っています。京成本線では京成高砂駅や青砥駅をはじめとして、区内に4つの駅があります。特に京成高砂駅は京成本線の船橋経由のルート及び、京成成田空港線の北総線経由のルートの分岐駅となっています。また青砥駅は京成本線京成上野方面及び、都営地下鉄浅草線からの列車が乗り入れる京成押上線の分岐点となっていて、京成高砂駅と同様にジャンクション機能を有します。青砥駅から出ている京成押上線では、青砥駅も含め区内に3つの駅が存在します。さらに京成金町線は全線が区内を走行し、駅も京成高砂駅と柴又駅と京成金町駅の3つしかありません。京成高砂駅から千葉県の印旛方面へと向かう北総電鉄では、新柴又駅が区内にある駅です。ところで葛飾区内の鉄道の特徴として、東西方向に走っている路線が多いことが挙げられます。南北方向に走っている路線としては、京成金町線くらいしか見当たりません。

もっと見る